アースオーブンができるまで

まずは材料集めです。材料で一番苦労したのは、粘土です。粘土は田んぼの土でもよいとのことでしたので、いろいろな方に分けてほしいと声を掛けていましたが、なかなかよい返事がでませんでした。
2016年の冬に八郷地区の地域通貨の集まりで、アースオーブン用の粘土を軽トラ一台分分けてほしいと募ったところ2件の方からどうぞとの声をいただきました。この写真は陶芸家の方が余ったものを分けていただいて、ムクムクに運びこんだものです。庭先に積み上げていたものでビニールが劣化して細かく砕けていました。それを取り除くのも一苦労でした。
次に用意したのは砂です。これは近くのコンクリート工場で買ってきた山砂です。ふるい砂より安いのでこれにしました。こちらも軽トラ一台分です。
ホームセンターよりも安いです。ただ山砂よりもふるい砂のほうが扱いやすく振るう手間がないので、そちらのほうがよいかもしれません。それと砂型を作る際の砂は洗い砂がよいです。ホームセンターで別途購入したほうが後で楽です。
あとはわらや籾殻です。籾殻を入れる大きな袋に4つずつ集めました。稲刈り後に農家さんに分けていただきました。わらはコンバインで裁断した切りわらがよいです。こちらも粘土に混ぜ込み使用します。