きらめ樹‼️森の皮むき間伐に参加して来ました‼️

ひたちなか市の私有林できらめき樹(皮むき間伐)をされている、きらめ樹常陸の方々の企画に参加して来ました。

この日のお昼の気温は35度の暑さの中、森の中は何とか作業できる28度程で快適にきらめ樹ができました。

選木する方法を丁寧に教えていただきました。林業に携わる方々とほぼ同じやり方になるように計算されており、素人でもできるようにわかりやすく説明していただきました。

目安になる立木の高さを測っているところです。

選木するために太さを測っていきます。

マーキングされた樹は残していく樹になります。

50平米約7m×7mの中から選木する方法を実践していきます。立木の皮むきに入る前にお神酒を捧げてから鎌で切り込みを入れていきます。そこに竹べらを打ち込みみんなできらめ樹していきます。

このムクムク作業が決まると気持ちいいです。

スルスルと剥ける元気な樹、立ち枯れしはじめていて元気がない樹は剥けにくくと森の状態を現しています。残された樹の500年後の姿を想像していきます。この輪の太さになりますように

モリモリツリーハウスプロジェクトにもきらめ樹で間伐した材料を使ってツリーハウスをつくりたいと主催者さんにお話しすると、

早速モリモリを見に来てくださることになりました。きらめ樹は樹が水を盛んに吸い上げている5月から8月までに行い約一年掛けて乾燥させて、その後伐採し材料になるのです。

この夏休み中にモリモリできらめ樹やります。みなさんも体験して森との繋がりを感じていただけたらと思います。詳細は後ほど。

コメントを残す